岩木山麓でwaiha!

津軽竹籠

りんご農家御用達のワイルド&ナチュラル!「津軽竹籠」

影まで美しい、緻密な六角形。大雪や強風にも折れることのないネマガリタケの丈夫でしなやかな特性は、職人の手により、りんご収穫籠として津軽のりんご農家を支えてきました。今でも津軽の山から伐りとったネマガリタケを割り、皮をはぎ、編み上げることでさまざまに形を変えて人の暮らしに寄り添っています。はじめは青々としていた竹は使いこむうちに味わい深い飴色に。使うほど、年を経るほどに愛着が増します。

三上竹製品センター

住所/弘前市愛宕字山下71-1
問/☎0172-82-2847