相馬でwaiha!

手すき和紙

和紙伝承の地で体験!「手すき和紙」

長慶天皇のお供から紙すきの技術が伝わった場所だから「紙漉沢」。そんな伝説の残る地で、オリジナルのはがきや色紙を手すきして持ち帰れるんです。水に溶かした和紙の原料を木枠にすくってはがし、着物用の染料でデコレーション。乾燥させたら完成です。厚みムラはご愛嬌。手すきの和紙は1枚1枚、表情が異なり、ほっこり温かくやわらかな風合いです。おしゃべり好きな地元農家のおかあさんとのトークにも花が咲きます。

手すき和紙づくり体験

体験場所/ふれあい交流センター 紙漉の里(弘前市紙漉沢字山越45)
所要時間/約1時間※1週間前まで要予約
人数/10名〜
問/星と森のロマントピア☎0172-84-2288