歴史・伝説見聞でwaiha!

長慶天皇伝説

憂き世を流浪した悲劇の天皇がいた⁉「長慶天皇伝説」

奈良と京都、2つの朝廷が並び立った南北朝時代。都を追われ、諸国を流浪した長慶天皇は相馬に隠れ住み、その生涯を終えられた─。相馬地区には古くからそうした言い伝えがあります。それを裏付けるように、紙漉沢集落の小高い山の頂きには「長慶天皇御陵墓参考地」がひっそり佇んでいます。その麓にある「上皇宮」は皇子が父である長慶天皇の菩提を弔うために建てたとされ、同じ集落内には皇后の墓に建てたという「白山堂」もあります。また、秋田との県境にそびえる「長慶森」は長慶天皇が開発した金山跡ともいわれています。まことしやかに語り継がれてきた伝説と歴史ロマンの舞台をめぐってみませんか?

長慶天皇伝説の地

住所/弘前市紙漉沢山越