十和田市でwaiha!

きみがらスリッパ

きみのキュートな手作り品!「きみがらスリッパ」

通気性がよくてムレ知らず。でも冬はあったかい。そのうえ、履いているのを忘れるくらい軽いんです。それは、きみがら(とうもろこしの皮)を手編みした、素足がよろこぶナチュラルなスリッパです。馬産が盛んだった十和田では馬のエサとなる「デントコーン」の皮が大量に捨てられていました。それを利用して昭和22年(1947)から始められた十和田の伝統工芸品です。今でも、原料の栽培から収穫、乾燥、製品の仕上げまで、すべて手作業で行っています。慣れた人でも1日1足。心を込めて編みあげています。

きみがらスリッパ

販売場所/道の駅とわだ、十和田市観光物産センターほか
体験場所/十和田市伝法寺平窪37-2(匠工房)
 体験は第3日曜日10:00〜15:00※1週間前まで要予約
休/日曜 、8/13・12/31・1/1
問/十和田きみがらスリッパ生産組合
 (十和田市農林部とわだ産品販売戦略課内)☎0176-51-6743